ガジェット

【No.1・2】最初にやると便利なiPhoneの初期設定【iPhoneの端末名を変更、AirDropを受信しない】

最初にやると便利なiPhoneの初期設定を紹介します。

この記事で紹介するのは「①iPhoneの端末名を変更」、「②AirDropを受信しない」です。

ナオヨミ
ナオヨミ
どうも、ナオヨミです。Twitterはこちら。参考になったらフォローお願いします!

iPhoneを最新機種に変更した際に、最初にしておいたほうが良い設定を紹介します。

快適に効率的に使用するためのおすすめ設定です。

iPhoneには便利な機能が豊富に用意せれていますが、なかには初期設定だとバッテリー消費が大きい設定や、普段使わない設定もあります。

それらの設定を変更するだけでバッテリー持ちが良くなったり、機能が最適化される等のメリットがあるので参考にしてみて下さい。

①iPhoneの端末名を変更しよう

iPhoneの端末名を変更しないと、あなたの本名が勝手にバレるかも⁉

iPhoneの初期設定では、デバイス名が「山田太郎のiPhone」というようにログインしたAppleIDの本名が表示されるようになっています。

これにより「iPhoneを探す」や「AirDrop」、「インターネット共有」といった機能を使った時に、他人のiPhoneに自分の名前が表示されることになります。

電車やバスの公共の場でそういった状況になる可能性もあるので、不安に思ってしまうかもしれません。

今からiPhoneの端末名を変更する手順を解説するので、変更しておきましょう。

設定アプリを起動して、「一般」を選択。

一番上の「情報」を選択。

「名前」を選択。

お好みの名前に変更し、左上の「情報」を選択。

「情報」画面で名前が変更されていたら完了です。

以上です。

iPhoneの端末名は、端末同士が電波を送受信できる状態だと自動で共有されるので、知らない人に本名がバレてしまう可能性もあるので、しっかりと対策しておきましょう。

②AirDropを受信しない

AirDropはアップル製品同士で写真や書類などのコンテンツを共有できる便利な機能です。

設定アプリを起動して、「一般」を選択。

「AirDrop」を選択。

「受信しない」か「連絡先のみ」を選択。

AirDropはアップル製品同士で写真や書類などのコンテンツを共有できる機能ですが、受信先を「すべての人」にしているとはい近くにいる人と勝手につながってしまう時もあります。

「連絡先のみ」に設定されている場合、送る側の Apple ID のメールアドレスまたは携帯電話番号を追加した連絡先カードが受け取る側の連絡先 App に登録されていないと、AirDrop が機能しません。

AirDropを使うときだけ設定を変更しておけば良いので、基本的には「受信しない」で良いと思います。

ABOUT ME
ナオヨミ
好きで生きるためのライフハック情報を発信&シェアしています。 「節約」「生産性」「生活改善」を活用して、仕事や趣味で人生を楽しむことが目標。少しでも役に立ったらフォローしてくれると嬉しいです! 趣味:読書、アニメ、漫画、ゲーム。興味:キャンプ、旅行