副業ビジネス

【2022年開始第2弾】マイナンバーカードで最大2万円分を貰う方法【マイナポイント】

2021年11月19日に閣議決定された経済対策として、マイナポイント第2弾が2022年1月から実施されます。

マイナンバーカードを活用することで、最大2万円分のポイントを貰うことが出来ます。

ナオ
ナオ
どうも、ナオです。Twitterはこちら。参考になったらフォローお願いします!

それでは順番に見ていきましょう!

 

マイナンバーカードを使ってもらえるポイントの内訳と期間

【ポイントの内訳】

①キャッシュレス決済サービスと紐付け 5000円分のポイント
②健康保険証の利用登録 7500円分のポイント
③公金受取口座の登録 7500円分ののポイント
合計 20,000円分のポイント

※キャッシュレス決済サービスと紐付けする際に、20,000円分の決済またはチャージを行う必要がある。

上記のようにマイナンバーカードを使って貰えるポイントは、①~③の設定をすることで合計20,000円分のポイントが付与されます。

①は第一弾で既に5000円ぶんのポイントを受け取っている場合は、②と③のみが対象となります。

【実施開始期間】

  受付開始 ポイント受け取り時期
①キャッシュレス決済サービスと紐付け 2022年1月~ 2万円分の決済orチャージ
②健康保険証の利用登録 既に登録可能 2022年5月~
③公金受取口座の登録 2022年3月~ 2022年7月~

実施時期は現時点で予定です。

いつ終了するかわからないので、早めに申請してポイントを貰っておきましょう!

②の健康保険証の利用登録は昨年から登録でき、先に済ましていてもポイントは受け取れます。

【追記】2022年7月より全てのポイント付与を申請できます

 

キャッシュレス決済サービスとの紐付け

まずはマイナンバーカードを用意しましょう。

↓取得方法はこちらの記事で解説しています↓

マイナンバーカードを取得しよう!【行政手続きが簡単になる便利カード】 今回のテーマは、「マイナンバーカードの申込方法」と、「マイナンバーカードが活用できること」を簡単に解説していきたいと思います。 マイ...

上記の手順でマイナンバーカードを作ったら、次はキャッシュレス決済サービスとの紐付けです。

マイナポイントに紐付いた特定の決済サービスを選択し登録しましょう。

決済サービスは普段自分が利用しているサービスや、ポイントの上乗せキャンペーンをしている決済サービスを選びましょう。

電子マネー QRコード クレジットカード デビットカード
nanaco paypay 楽天カード SMBC三井住友
WAON LINE Pay 三井住友カード JCB
ICOCA 楽天ペイ au Payカード イオン
楽天Edy au Pay JCBカード  

上記の決済サービス以外にも使えるサービスはあります。

詳細はこちらの⇩総務省ホームページで確認できます。

【対象となるサービス一覧】

勘違いされやすいですが、マイナポイントが貰えるのではなく、マイナンバーカードに紐付けた決済サービスのポイントが貰えるのです。

paypayならpaypayポイント

楽天ペイなら楽天ポイント

nanacoならnanacoポイント

と、各決済サービスが発行しているポイントが貰えるようになっています。

ちなみに私は普段楽天ペイを使用していたので、楽天ペイを利用しました。

その際に楽天ペイでは、通常のポイント付与に加えて最大1.5%ポイントが付与されるキャンペーンが行われていたので同時に利用しました。

※1.5%の内訳

楽天カードでの楽天キャッシュチャージ時に楽天カードから0.5%還元され、チャージ残高(楽天キャッシュ)でのお支払い時に楽天ペイから1%還元される。合計で1.5%還元となります。

申し込み

申し込み方法は簡単でした。

用意するものは、「マイナンバーカード」と「スマホ」です。

マイナンバーカードを取得し手元に来たら、スマホで「マイナポイント」アプリをダウンロードしましょう。

「マイナポイント」アプリでする手順

  1. 「マイナポイント」アプリを起動
  2. 「マイキーIDの発行」をタップ
  3. マイナンバーカードの受け取りに設定した、4桁の暗証番号を入力
  4. マイナンバーカードをスマホで読み取り

これで「マイナポイント」アプリですることは終了です。

次に使用したい決済サービスアプリを起動します。

今回は私がやった楽天ペイを使った申し込み方法を解説します。

「楽天ペイ」アプリの手順

  1. 「楽天ペイ」アプリを最新版にアップデート
  2. 画面左上のメニューボタンをタップ
  3. 「マイナポイント申込/情報」をタップ
  4. 「マイナポイント申込」をタップ
  5. 「マイナポイント」アプリに移動し、マイナンバーの認証を行う
  6. 「同意・申込する」をタップ
  7. マイナポイントの申し込み完了の画面が表示されれば終了

楽天ペイアプリの画面左上のメニューボタンで、マイナポイント付与状況が確認できます。

 

健康保険証の利用登録

マイナンバーカードを健康保険証として利用することが出来ます。

お持ちのマイナンバーカードと健康保険証を紐付けることで、マイナンバーカードを健康保険証の代わりとしたり、簡単に情報を確認したりと便利に使えます。

2022年1月から利用登録できる状態です。

申込みはこちら⇩からできます。

マイナポータル公式サイト

健康保険証を連携するメリット

  • 就職、転職、引っ越しをしても健康保険証としてずっと利用できる。
  • マイナポータルで特定健診情報や薬剤情報、医療費を見ることが出来る。
  • マイナポータルで確定申告の医療費控除が簡単に出来る。
  • 窓口への書類の持参が不要になる。

健康保険証として連携したマイナンバーカードは、医療機関・薬局で使えるようになります。

※注意点として、医療機関・薬局によって導入開始期間が異なります。対応していない医療機関・薬局もあるので、確認してみましょう。

 

公金受取口座の登録

公金受取口座の登録は、緊急時の給付金や年金、児童手当、所得税の還付金等の幅広い給付金を、スムーズに受け取り出来るようにすることを目的としています。

例えば、最近だとコロナ渦で行われた「10万円の給付金」です。

この給付金を国民一人一人に送ろうとする際、マイナンバーに登録されている公金受取口座に、一括でスムーズに送ることが可能になります。

 

まとめ

マイナンバーカードで最大2万円分のマイナポイントを貰う方法を紹介しました。

自由に使えるポイントを最大2万円分貰えるので忘れずに申請してしましょう。

マイナンバーカード作成は1ヶ月程時間がかかるので、事前に作成して用意しておくと、ポイントもすぐに受け取ることが出来るようになります。

マイナンバーカードは今後、運転免許証との一体化や、ワクチン接種証明証にも使われる計画があり、今後も各サービスが使いやすくなると思います。

この記事を読んだ機会に、マイナンバーカードを取得してみましょう!

ABOUT ME
Avatar photo
ナオ
節約で年収が低くても100万円を貯金できたノウハウや考え方を発信。一度100万を貯金した知識や習慣があれば、もうお金に困らない。実際に貯金したことで会社に縛られなくなり辞めれました。今は個人で自由に仕事しながら、資産を増やしています。生活を良くしたい、貯金したい、資産を増やしたい人はフォローしてみてね!